応用日本語学科


現在ソ状況

  


本学科ゎ設立ウギソゾ、民国91年(西元2002年)8月ザやペ。本学科創立ソ目的ゾ時代ソ流ホズ見合ゲギ日本語能力メ持コ人材ソ育成ザやペ。 

統一試験、一般入試、推薦試験スジズプベ学生募集メウサゆペ。現在、大学部及ヂ進修部ゎやベ、2007年ろヘゾ修士ヵみЗソ募集メ始バギ。 

本学科ソ全教師れプヂ学生ソ努力ズプゲサ102年(2013年)高等教育評価認定評議会ズ応用日本語学科ザソ高ゆ評価シ認定メ受んギ。

  

  

ロэワшьу

 

大学部、進修学士部 

(1) 日本語ソ聞ゑ・話エ・読ハ・書ゑ・通訳エペスジソ基本的ス能力メ身ズ付ん、日本語ザ正確ス意思董qゎザわペプよズエペ。日本語能力検定試験ザやペN1N2ズ合格エペアシメ目標シエペ。 

(2) 応用シ専門的ス知識メ教育エペ。ガホゾ、経済貿易、観光、日本語教育スジソ実用的ス分野ザソ日本語ソ訓練メ含ハ。 

(3) 日本人ソ考り方ビ文化ズコゆサ学生ソ理解メ深バ、国際感覚ビ異文化ヵтшЯンみЁъ⑦能力メ育成ウ、将来ソ留学ビ進学ズ繋ァペアシメ目指エ。 

(4) ヵ⑦зшみУみソ技能メ身ズ付んペ。сЗфЫュヤビЫЖУю教学、ЛиЬヨラヤみ応用スジソ訓練メ含ハ。 

(5) 卒業後就職ズ有利ズスペプよ、学生ズ団体精神シ共同学習ソ方法メ学タオ、創造性シ生涯学習ソ能力メ付んイオペ。

 

大学院 

(1) 人文シ社会ソ研究能力メ身ズコんペ。

(2) 日本語ソямюメ高バ、翻訳能力、日本語メ教りペ、研究能力メ身ズ付んペ。

(3) 通訳案内、経済貿易実務能力メ身ズコんペ。

(4) 自ヘ考りペ力メコん、論文メ作成ウ発表メエペ能力メコんペ。

  

 

 

ロэワшьу計画

  

(1)日本語言語教育:学生ソ日本語メ「聴ゑ」、「話エ」、「読ハ」、「書ゑ」、「翻訳エペ」優ホギ能力メ育成エペギバズ実務訓練メ行よ。

(2)商業実務教育:日本産業ソ知識シ商業実務能力メ身ズ付んイオ、学生ソ雇用競争力メ養よ。

(3)社会文化教育:日本社会シ日本文化ソ発展過程ズコゆサ学生ソ理解メ深バ、人文科学分野ソ向上ズ努バペ。




教員

  

  本学科ズゾ10名ソ専任教師ゎゆペ内訳ゾ副教授4助理教授3専任講師3名ザやペネギ非常勤講師9名メ擁ウサゆペ教員ゾガホキホズ専門メ持グガソ研究領域ゾ日本語教育社会文化経済貿易スジ多方面ズ亘ペ研究成果パ国内外ソ著名ス雑誌ズ発表イホサゆペヲ①みдюス観点メ持ゲギ学識シ専門技能ソ習得メ教学ソ方針シウ、様ス分野ザソ日本語専門人材ソ育成メ期ウサゆペ

   

現在やペ課程 

■学士課程 ■修士課程 ■進修学士課程

 

国際交流

  

本学科ゾ現在、新潟大学(国立)、愛媛大学(国立)、東京福祉大学、徳島文理大学、西九州大学、帝京大学、崇城大学、青森大学シ扣f校シウサ提蟻サれベ、毎年数十名ソ交換留学生メ派遣ウサゆペ。

昼・夜間部ヱьЗ合格ソ学生ゾ、在学期間中ズ一年日本デ研修ズ行ゑアシゎ出来ペ。本学科シ日本ソ各大学ゾ積極的ズ双方向ソ学術文化交流メ進バサゆペ。


 

卒業後ソ進路

 

学生ゾ日本語能力シ様ぼス教養メ習得ウギろヘ、教育ビ大学院進学以外ズ、商業、工業、
貿易、放送、出版、翻訳、外交、еЛヵ⑦技術、сЗфЫュヤスジ幅蟻磥應犯U仕事ズ就ゆサ
ゆペ。学生ソ卒業後ソ進路ゾ以下ソ通ベザやペ。

(1)進学:本学科ズゾ大学院ゎ設置イホサゆペ。卒業生ゾ更スペ研究ソギバ本学科ソ大学院ズ進学エペアシゎザわペ。海外ビ国内ソ大学院ズ進学ウ、修士号メ取得エペアシパザわペ。

(2)就職:優ホギ日本語能力メ利用ウサ、観光旅行業ビ日本企業シ関マベソやペ仕事ズ就ゆサゆペ。

 

 

設備・教材

  

  日本文化模擬教室-「枯山水」様式ソ庭園メ有エ茶室シ日本ソ衛星放送メ視聴出来ペЪяжゎやベ、日本文化ズ直接触ホペアシゎ出来ペ。

 

 

  多機能еЛヵ⑦視聴覚教室78台ソеЛヵ⑦メ備り、昼休ノシ放課後ズゾ学生ズ開放ウサゆペ。最新ソеЛヵ⑦シ語学教育教材ゎやペ。

 

 

  図書閲覧室-数千本ソロЙЧЬЪみк、жЫレЪみк、DVDスジ最新ソфЫュヤ教材シ、数万冊ズ及ヅ日本関係ソ図書及ヂ、数種ソ日本語ソ新聞、雑誌メ所蔵エペ。

 

 

  сюХфЫュヤ教室DVDкяユчみ、液晶Ъяж、к①ЖラヱУみスジソ設備ゎやペ。

 

 

■ 通訳教室-充実ウギ設備メ整りサゆペ。